7月5日からの大雨災害によるボランティア活動を希望される皆様へ

飯塚市社会福祉協議会では、この度の大雨災害の支援に際し、ボランティア保険の登録を受け付けています。
ボランティアについては被災地までの移動手段や交通費、食事や宿泊先の用意はありませんので、全て自己負担で行動できる方が対象です。


【受付時間】

平日、午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日を除く)

【受付窓口・問い合わせ】

本所      23-2210         飯塚市柏の森564番地の4
穂波支所   29-5520        飯塚市忠隈522番地3   穂波ふれあい会館内
筑穂支所   72-3085        飯塚市長尾911番地1   筑穂保健福祉総合センタ-内
庄内支所   82-4736        飯塚市綱分771番地1   庄内保健福祉総合センタ-ハ-モ二-内
頴田支所   09496-2-5855  飯塚市勢田1101番地   頴田高齢者福祉センタ-内


 

こんにちは。ボランティアセンターです!


~できることから、始めてみませんか~
 

ボランティア活動とは・・・

ボランティア活動はあくまでも自発的(自主的)な活動であり、義務でも強制でもありません。個人の自由な意思により、考え、発想し、行動するものです。た だし、自己の利益を目的とするものではありません。(活動の見返りに個人的な利益や報酬を第一の目的とするものではありません。)

このボランティア活動を行う上で以下の原則があります。

 
①    自発性・・・・・・・・・・・ 自らの意志で活動するということ。
②    無償性・・・・・・・・・・・ 個人が活動する場合、無償が基本です。ただし、活動にかかる交通費の補助やお弁当程度の食事代を支給すなど、いわば実費弁償については無償の範囲としています。
③    会性・連帯性・・・・・・・・ 私たちの社会には様々な課題が存在します。こうした課題を発見し、改善していくためには一人ひとりが連携して考えること。
④    創造性・開拓性・先駆性・・・

目の前の課題に対して、何が必要なのか、そして、その改善のためにはどうすればよいか。ボランティア活動では、従来の考え方にとらわれることなく、自由な発想やアイデアを大切にしながら、方法や、しくみを考え、創り出していくことが大切です。
 

「ボランティアセンター」って何をするところ?

ボランティアセンターでは、ボランティアを必要とする人とボランティアを希望する人の橋渡しをするところです。また、ボランティア活動に関する様々な相談も受け付けております。

《ボランティアセンターの主な事業》

 
・ボランティアコーディネイト業務
・福祉機器貸出(車いす・松葉杖・アイマスク・白杖など)
・ワークキャンプ
・ふれあいバスハイク
・災害ボランティアセンター
・福祉体験推進校事業
・ボランティア入門講座
・ボランティア保険受付業務
・アルミプルタブ回収
・障がい児日曜ひろば
・移送支援事業
 

ボランティア団体紹介

ボランティア活動を行う上で、自分がしたい活動をすでにボランティア団体が行っていれば、団体に加入し仲間と共に活動してみるのもいいでしょう。わからないことがあったり、興味がある団体については、飯塚市社協ボランティアセンターまでお問い合わせください。

飯塚ボランティア連絡協議会団体加入状況
 

個人登録ボランティア

 
飯塚市社協ボランティアセンターでは、個人で様々な活動に参加してみたいという方のために、個人登録ボランティアを受け付けております。飯塚市社協ボラン ティアセンター登録用紙がありますので、希望の方はセンターにてご記入ください。ただし登録したからすぐに活動があるというものではありません。自分が希 望する活動が、相手から求められていなければ活動できません。また、登録しっぱなしということがないよう、自分で活動を探す努力も必要です。


ボランティア登録票
 

ボランティア保険

 
       ボランティア活動には、自分そして相手に対し事故の可能性があります。このため活動の際は必ずボランティア保険にご加入ください。


ボランティア活動保険
 

ボランティア情報ひろば